布袋尊(ほていそん)

布袋尊は中国に実在した高僧だそうですが、大きな袋に食べ物や日常品を入れ、杖をたずさえ、大きな団扇を手にし、太鼓腹、半身裸、粗衣をまとい、いつも笑顔で諸国を遊行していたそうです。

人の吉凶、時の晴雨を予知し、楽天的な和尚として親しまれたそうです。
中国では布袋尊を弥勒菩薩の化身として信仰され、わが国に伝来して、清廉潔白、大気度量を人々に授ける福の神として、信仰されるようになりました。

深川稲荷神社

七福神 深川稲荷神社

深川稲荷神社は、寛永7年(1630)の創立で深川地区では創立の古い神社です。宇賀魂命を祀っています。
現在は無住社で、町会が管理運営しています。

布袋尊(ほていそん)

七福神 寿老神社

丁度この深川稲荷神社でバスの団体の参拝者とぶつかり、ながぁ〜い行列に並んでちょっとの時間のお参りでした。町会の方たちが社務所で七福神色紙へスタンプを押したり、布袋尊の鈴をお分けしたり、お金の授受をしたりとてんてこ舞いの働きをしておられました。

七福神 寿老神社

また深川稲荷神社の下の道路では、テントを張ってイス、テーブルをおき、エプロン、割烹着姿のお母さん達はお茶の接待をしておりました。
寒いところに暖かいお茶は何よりの接待、ご馳走でした。七福神めぐりでお茶の接待を受けたのは、ここ清澄二丁目の町会だけです。

清澄庭園

七福神 清澄庭園

深川稲荷神社を出て左に歩き、右折、深川七福神の赤い幟が道々に立っていますので、その旗に沿って歩きます。
清澄庭園の横を通って歩きます。清澄庭園の入り口(清澄通り側)あたりにはお手洗いがありました。

深川

七福神 深川お店

このあたりにはおもしろいお店がありました。店の前で顔を出すと昔の格好で写真が撮れるパネルがあったり、深川めしの素を売っています。

深川公衆トイレ

七福神 深川トイレ

あの建物は何?と目をひく建物は深川江戸資料館通りにある公衆トイレです。中は入ってみなかったのでわかりませんが、、。町並みにマッチした一種の洒落?

深川江戸資料館

七福神 深川江戸資料館

深川江戸資料館を左に見ながら、お店をのぞきながら通りを進み、二本目の交差点を右折すると次の七福神の毘沙門天が安置されている龍光院が見えます。

アクセス

深川稲荷神社
江東区清澄 2丁目12番12号
電話 03-3641-8059
地下鉄半蔵門線・大江戸線清澄白川駅 A1番出口
都バス清澄三丁目 又は 清澄一丁目

Copyright (C) 2008 写真で巡る「深川七福神」. All Rights Reserved.